• ホーム
  • 口唇ヘルペスを治すための薬

口唇ヘルペスを治すための薬

葉と薬

口唇ヘルペスは非常に厄介な疾患です。
ヘルペスとは、ヘルペスウイルスとよばれる細菌よりも小さい別の微生物によって生じる疾患で、症状としては皮膚や粘膜などに水疱を生じさせることで知られています。
口唇だけでなく、顔面の皮膚に生じるもの、また性器に生じるヘルペスなど様々なものがあります。

そんな口唇ヘルペスを治す薬として最も有名なのがアシクロビルです。
この薬は抗ウイルス薬で、ヘルペスだけでなく、水痘や帯状疱疹のウイルスにも効果を発揮する薬です。
この薬の特徴は、ウイルス感染細胞の中で活性化することで、ウイルスが増殖するために必要なDNAの複製を阻害し、増殖できないようにするとされています。
そのため、元々のウイルスを体内の白血球などによって殺しながら増殖させない効果が期待できます。
アシクロビルの魅力は、基本的に安全性が高く、副作用が少ない事にあります。
基本的には飲み薬ですが、軟膏を使用する場合もあり、扱いやすいのも良い点と言えます。

ただし、副作用がないわけではなく、気を付ける必要がある人もいます。
腎臓にて代謝される薬なので、腎不全の方であれば薬物の排泄が遅くなるので、医師に相談することが必要です。
また、初回通過が起きる肝臓に疾患がある場合も気を付ける事が必要です。

また、痛風や胃の薬、免疫抑制剤や喘息の薬などを服用している場合は併用時の副作用リスクが高まりますので必ず医師に相談するようにしましょう。

なお、ヘルペスはウイルスを全て殺すわけではなく、治療後も体内に潜伏しています。
そのため、アシクロビルの服用が終わった後も体調を整え、ストレスが生じないようにしてヘルペスが起こらないようにしましょう。