• ホーム
  • 口唇ヘルペスは口から陰部へもうつる

口唇ヘルペスは口から陰部へもうつる

葉と黄色の薬の緑の薬

口唇ヘルペスは陰部に移ることもあるので気を付けなければいけません。
ヘルペスは主に口と陰部に感染しますが必ずしも他者から感染するものばかりとは限らないのです。
自分が既に発症しているヘルペスが他の部位に感染することも少なくありません。
口から陰部へと移ることは特に多いのです。

口にヘルペスができているときに口を触った手で陰部触ってしまいますと感染します。
そのような事はしないと思う方も多いかと思いますが、口を触った後トイレに行ってトイレットペーパーで陰部を拭くとそれだけで感染してしまうのです。
他にも顔を拭いたタオルで陰部も拭きますと菌が陰部に付着し感染してしまいます。
当たり前のライフスタイルで感染してしまうのです。
ですのでもし自分が口唇ヘルペスに感染していると自覚した時には陰部に感染させないための対策をしましょう。

タオルは顔用と体用とを変えるようにする、口を出来るだけ触らないようにする、もしも触ってしまった場合はすぐに手を石けんで洗って除菌してください。
患部を触りますと範囲が広がりますしいいことはありませんので気になっても触らないようにしましょう。
キチンと除菌をすれば陰部を触ってしまっても感染することはありません。
このように気を遣えば他の人に感染させるリスクも減ります。

あと夏冬関係なくパジャマは毎日交換するようにしましょう。
また枕や布団のシーツなども定期的に洗わなければいけません。
枕が原因で感染することもあります。

自分から自分への感染は実は他人からの感染以上に多いのです。
特にまだ自分がヘルペスを自覚していない場合はそれが顕著になります。
不特定多数の人と接触した場合には定期的に検査をしておくといいでしょう。