• ホーム
  • ヘルペスで名古屋の皮膚科に通う

ヘルペスで名古屋の皮膚科に通う

ヘルペスというととても珍しい病気のように感じますが、だれでもなってしまうとても、身近な病気です。

とくにヘルペスの中でも一番できやすい場所は唇まわりです。
突然くちびるのまわりに赤いぶつぶつができて、よくみると水ぶくれができていて痛みがあるという症状ができますがこれが口唇ヘルペスです。
しばらくするとジュクジュクした湿疹がつぶれたり、かゆみがでたりいろいろと症状が変わっていったりするのです。
これは疲れやストレスがたまって体が弱っているときに決まって繰り返したりします。
またヘルペスはくちびるだけでなく、体のいたるところに起こったりします。

それがもっとひどくなったりすると帯状疱疹という症状になったりします。
もともと小さいころに、水ぼうそうになったということがあるでしょうが、症状が治まっても菌が体に中に潜んでいるということになります。
そしてある日体調がよわっていたり、免疫力がよわくなったりすると、体の至るところに別の症状となって起こることがこのヘルペスの原因とも言われているのです。

口まわりで、症状がたいしたことがないと放置すると、治りが遅くなったり、しばらくするとまた繰り返し症状がでることがあるのでまずは、皮膚科にいって治療をうけたり薬を処方してもらうことがいいのです。
もし名古屋周辺に住んでいる人でしたら、名古屋にある皮膚科に通うことが必要です。
その場合はネットでヘルペスの治療をやっている名古屋の皮膚科をしっかりと検索をしていくとよく治りが早いのです。
その場合、ヘルペスに何度もなっているということやいつもできる場所などをきちんと伝えておくことが必要です。
また生活環境を整えることも必要です。